公演 | 劇団東京マハロ/矢島弘一プロデュースの演劇ユニット

公演終了のご報告

三軒茶屋・シアタートラムにて、暑さ去りやらぬ早秋に幕を開けた第21回公演「たぶん世界は8年目」。全14公演を無事に終え、千秋楽の幕を閉じることができました。
これもひとえに、いつも応援してくださる皆さまのおかげでございます。
複数回の福島現地取材を経て、多くの方々のご協力をいただいて作り上げたこの作品。ご観劇後、皆さまの心に何か残るものがあったら幸いです。
たくさんの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

今後とも、東京マハロへご声援をいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

【お花・出演者へのプレゼントに関するお知らせ】

■お花について
本公演は劇場スペースの都合上、関係者様・一般のお客様ともにスタンド花、アレンジ花等含め全てご遠慮させていただきます。
また、郵送でお送りいただいた場合もお受け取りはできませんので、あらかじめご了承をお願い致します。

■出演者へのプレゼントについて
出演者へのプレゼントはプレゼントBOXにてお預かり致します。
生ものなどの傷みやすいものはお受けできません。
※当日のお渡しとは限りませんので、あらかじめご了承ください。

ご理解・ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

第21回公演 たぶん世界は8年目 ―幸せな私たち、興味がないあなた達―

[日程] 2018年9月14日(金)〜9月23日(日)
[会場] シアタートラム 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 TEL 03-5432-1526
東急田園都市線三軒茶屋駅(渋谷より2駅・5分)より地下通路にて直結/世田谷線三軒茶屋駅となり

[主催] 東京マハロ/Age Global Networks
[脚本・演出] 矢島弘一
[キャスト]
福田ゆみ お宮の松 稲村梓 森一弥 工藤潤矢 内谷正文 篠原あさみ
彩木りさ子 泉知束 中村英香 蔭山ひろみ 春木生 輝山立 木﨑ゆりあ

[チケット料金] ※全席指定・消費税込
前売り 5,500円
当日  6,000円

[チケット発売日] 2018年7月7日(土)10:00
[チケット販売]
◯チケットぴあ (Pコード:487−241) http://w.pia.jp/t/tokyomahalo/
◯世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515(10:00〜19:00)
PC https://setagaya-pt.jp 携帯 https://setagaya-pt.jp/m/
<車椅子スペース・託児サービスあり>
詳細は世田谷パブリックシアターまでお問い合せください。03−5432−1526

 

※9月14日(金)及び9月23日(日)の前売りチケットは完売いたしました。


[お問い合わせ] mahalo@age-global.net

 

[チケット先行販売]——– ※終了しました。

<チケットぴあ先行(抽選)>※全席指定・消費税込
◯チケット料金:5,500円(特典付き)
◯申込URL:http://w.pia.jp/t/tokyomahalo/
◯受付期間:6月9日(土)11:00~6月12日(火)11:00


<木﨑ゆりあ先行(抽選)>※全席指定・消費税込
◯チケット料金:
木﨑ゆりあ直筆コメント入り特典グッズ付き 6,000円
指定 5,500円
◯申込URL:http://w.pia.jp/s/tokyomahalo18ky/
◯受付期間:6月1日(金)11:00〜6月6日(水)23:59
※コメントは一枚一枚本人の手書きです。


<輝山立先行(抽選)>※全席指定・消費税込
◯チケット料金:
輝山立直筆サイン入り特典グッズ付き 6,000円
指定 5,500円
◯申込URL:http://w.pia.jp/s/tokyomahalo18kr/
◯受付期間:6月1日(金)11:00〜6月6日(水)23:59
※サインは一枚一枚本人の手書きです。

<東京マハロ先行(抽選)>※全席指定・消費税込
◯チケット料金:5,500円(特製ポストカード付き)
◯申込URL:http://w.pia.jp/s/tokyomahalo18tm/
◯受付期間:6月1日(金)11:00〜6月6日(水)23:59

【特典の受け渡しについて】
ご観劇当日、会場内『特典引換窓口』にてチケットをご提示の上、お引換ください。
※後日のお渡し、またチケットをご提示いただけない場合のお渡しは致しかねます。あらかじめご了承ください。

—————————————-

[あらすじ]
原発事故の避難区域で暮らす田所家は三兄弟。各々が独立し、結婚もしている。
避難区域に戻る者もいれば、東京で暮らす者もいる。男たちは自分の意思を貫き、女たちはそれに振り回される。
年数が進むにつれ「幸せ」とは何かを模索する中で、他所から見たら幸せという名の「依存」が避難区域を支配する。