劇団東京マハロ/矢島弘一プロデュースの演劇ユニット

  • 第22回公演「余白を埋める」- エリカな人々2019 –
  • 劇団 東京マハロは新たなメンバーと新たなステージへ
  • 第21回公演 たぶん世界は8年目
  • 第20回公演 「明日、泣けない女/昨日、甘えた男」
  • 第19回公演 あるいは真ん中に座るのが俺
  • 第18回公演 紅をさす

2019.3.1 東京マハロ初のアフタートーク開催決定!

この度、東京マハロ代表作の一つである「エリカな人々」の再演を記念して、初のアフタートークを開催することが決定いたしました!
ここでしか聞くことができない作品の秘話や裏話はもちろん、キャスト陣の素顔にもご注目ください。

日 程:2019年5月5日(日・祝)
時 間:公演終了後、若干の休憩を挟み15〜20分程度(予定)
実施回:昼公演、夜公演
出演者:
《昼》矢島弘一、輝山立、森一弥、泉知束、春木生、彩木りさ子、西野優希、瑛蓮
《夜》矢島弘一、お宮の松、内谷正文、福澤重文、中島早貴、福田ゆみ、小野由香

2019.2.14 【2/16特典付きチケット先行販売】第22回公演「余白を埋める」

5月2日(木・祝)〜6日(月・祝)東京芸術劇場シアターイーストにて上演する東京マハロ第22回公演「余白を埋める」のチケット先行販売を、2月16日(土)11:00より開始いたします。東京マハロ先行に加えて、特典ブロマイド付きの中島早貴FC先行、輝山立先行も実施。チケットはお早めに!!

 

第22回公演「余白を埋める」- エリカな人々2019 –
[日程] 2019年5月2日(木・祝)〜5月6日(月・祝)
[会場] 東京芸術劇場シアターイースト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1 TEL 03-5391-2111
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分/駅地下通路2b出口直結

[チケット料金] ※全席指定・消費税込
前売り 5,500円
当日        6,000円

公演概要はこちら → https://tokyomahalo.com/performance/

[チケット先行販売]
<東京マハロ先行(抽選)>
◯申込URL:https://w.pia.jp/s/mahalo-yohaku19tm/
◯受付期間:2月16日(土)11:00〜2月20日(水)23:59

<輝山立先行(抽選)> ※ブロマイド付
◯申込URL:https://kiyamaryu.net/
◯受付期間:2月16日(土)11:00〜2月20日(水)23:59
※詳細は輝山立オフィシャルファンサイトにてご確認ください。

<中島早貴FC先行(抽選)> ※ブロマイド付
◯M-line club:http://www.up-fc.jp/m-line/news_Info.php?id=13332
◯受付期間:2月16日(土)11:00〜2月20日(水)23:59
※詳細はM-line club WEBサイトにてご確認ください。

2019.2.5 輝山立が新たに劇団員として参加

昨年秋、新たなメンバーを迎えた東京マハロ。更に、第20回公演「明日、泣けない女/昨日、甘えた男」より3作品連続の出演となる輝山立が、今回から劇団員として参加することが決定しました。

 

<輝山立コメント>
東京マハロは、関わっている皆さんが本当にあったかいアットホームな劇団です。
そして作品に対して逃げずに真っ直ぐ向き合っているそんな素敵な劇団です。
そんな東京マハロの劇団員になれる事、本当に光栄に思っています。
役者として精進していくために、先輩方の背中を追いかけてしっかりと腰を据えて向き合っていきたいと思いますので、宜しくお願いします!

 

【関連ニュース】劇団 東京マハロは新たなメンバーと新たなステージへ
https://tokyomahalo.com/news/2018/11/15/298/

2019.1.15 東京マハロ2019始動!5月東京芸術劇場シアターイーストにて第22回公演決定!

2019年5月2日(木)〜6日(月・祝)東京芸術劇場シアターイーストにて、東京マハロ第22回公演「余白を埋める」-エリカな人々2019-の上演が決定いたしました。劇団員が増えて新たなステージへ向かう新生・東京マハロの記念すべき公演を、東京芸術劇場はシアターイーストにて行うこととなりました。出演者、チケット発売等の詳細は後日発表いたします。どうぞご期待ください!

 

東京マハロ第22回公演
「余白を埋める」-エリカな人々2019-
作・演出 矢島弘一
日程:2019年5月2日〜5月6日
会場:東京芸術劇場シアターイースト

2018.11.15 劇団 東京マハロは新たなメンバーと新たなステージへ

この11年間の大半は一人で、そして最近では西野と春木が入ってくれたとはいえ、どうしても劇団の色が薄く、更にこの先、このマハロが進む道はどこだろうと考えた時に、私が出した答えが
「劇団員を増やす」ことでした。
あと10年、あと20年、劇団をやって行きたい。
そのためには個ではなく、まさしく団。
このメンバーと共に皆様に面白いものお届けします。引き続き、叱咤激励してやってください。
主宰 矢島弘一

(左から)
小野由香(新)、お宮の松(新)、彩木りさ子(新)、春木生、矢島弘一、西野優希、福田ゆみ(新)、内谷正文(新)、福澤重文(新)

メンバー紹介はこちら→ https://tokyomahalo.com/member/