メンバー紹介 | 劇団東京マハロ/矢島弘一プロデュースの演劇ユニット

矢 島 弘 一Koichi Yajima

[生年月日] 1975年8月26日
[出身地] 東京都

主宰・脚本・演出
2006年11月劇団「東京マハロ」旗揚げ。
劇団が10周年を迎えた2016年には、5月に2作同時上演を決行し、7月には北九州芸術劇場でも公演を成功させた。
2016年に放送され好評を博したTBSテッペン!水ドラ!「毒島ゆり子のせきらら日記」で全話の脚本を務め、第35回向田邦子賞を受賞。
関係者から“女性の気持ちを描ける男性劇作家”として注目を集めている。
これまで劇団公演にて描いてきた作品には、不妊治療や震災直後の被災地、いじめ問題に性同一性障害など現代社会が目を背けてはならないテーマが多く、さらにはコメディ作品にもチャレンジして脚本の幅を広げている。
テレビ初作品となったNHK Eテレ「ふるカフェ系ハルさんの休日」は現在も脚本を手掛けているほか、2017年5月スタートのNTV深夜ドラマ「残酷な観客たち」では、第1話、第2話の監督も務めた。
同年秋にはTBS金曜ドラマ「コウノドリ〜命についてのすべてのこと〜」の脚本も担当。

春 木 生Sei Haruki

[生年月日] 1979年4月29日
[出身地] 石川県

2003年チキン王プロデュースカンパニーの舞台「Sapphire」で俳優デビュー。
その後、個性的なキャラクターを生かし、映画、TVドラマ、CMなど映像作品に活動の場を広げる。
昨年、俳優としてより高みを目指すために舞台の世界に戻り、東京マハロの劇団員となった。

西 野 優 希Yuki Nishino

[生年月日] 1989年11月17日
[出身地] 神奈川県

18歳のときに演劇の世界へ。
約5年、役者として活動を続けるも「パッとしなさすぎるし、やめようかな」と思った頃に矢島弘一と出会う。
矢島に誘われる形で、2014年より東京マハロ劇団員に。
2018年1月の第20回公演「明日、泣けない女/昨日、甘えた男」で初主演を務めた。